先月、
東京では大きな雷が長時間鳴り響いた日がありました。

そんな中、ねこたちにごはんを出しに行くと
桜餅だけがタワーのてっぺんから降りてこないので「?」と思いつつ
見上げると、なぜ降りてこないのかその表情ですべて理解できました。

そう、生まれて初めて聞く大きな雷鳴と稲光に怯えていたのです。

A07I5616

桜餅「ひ〜ん、怖いよ〜〜💦」

A07I5586

しばらくすると、柱の後ろに自分の体を押し込んで
そこから心配そうに外の様子を伺っていました。
(なんかねこじゃないような顔になってるし💧)

A07I5595

その様子をしばらく伺っていると
ごはんを食べ終えた栗丸が颯爽と桜餅のすぐ下のステップに上がってきて
まるで桜餅を守るかのように窓の方を向いて陣取りました。
そして、それに少し安心したのか桜餅も柱の陰から出てきました。

栗丸「さくら、俺が側にいてやるから安心しな!」

桜餅「栗ちゃん...」

A07I5603

栗丸は、先日一人で病院に連れて行った際に
車の中で悲しそうな声で鳴いたり、遠くにいる犬にガタガタ震えたりしていて
「一番大きな身体のくせに随分気弱なんだなぁ」と思っていましたが
この姿を見て、なかなか頼もしいところがあると見直してしまいました。

A07I5591

一方、度胸の良い女子コンビは雷を恐れる様子もなく
より窓に近い場所から心配そうに見守っていました。

キジ「さくらちゃん頑張って!」

ポコ「こっちも遠くから心配してるにゃん!」(←本当か?)

A07I5608

ベランダ側の大きな窓だけじゃなく、横の窓も方も抜かりなくチェック!

いつになく頼もしい表情で雷からさくらを守ります。

A07I5620

桜餅のすぐそばについて守ろうとする栗丸と
より雷に近い場所に留まってそこから桜餅を思いやるキジ。

a07i5624

写真を撮る私に視界が遮られてもこの通り
首を横に伸ばして桜餅が見えるようにしています。

キジ「お兄さんが邪魔でさくらちゃんがよく見えないわ」

ポコ「なんか、音だけで何も起こらないにゃん」
    (ポコは早くも自分モード)

a07i5632

キジ「キジちゃん、大丈夫かしら. . . 」

ポコ「あ〜あ、早くおやつが食べたいにゃん(ボソッ)」

この時のこの2匹の行動には本当に素晴らしいなと感動させられました。
同じ母猫のお腹から生まれた本当の兄弟だからそこの行動なんでしょうね。

しかし...

A07I5641

再びタワーの方に振り返ると
栗丸はすでに食後のおやすみモードに入っていました Σ(・ω・;)!

A07I5642

桜餅「チラッ...」

栗丸「(´-ω-`) スヤァ〜…」

A07I5643

桜餅「栗ちゃんのバカ!」

栗丸「あ、ちゃんと起きてるよ!」

A07I5655

キジ「桜ちゃん、もう少しだから頑張って. . . 」

A07I5649

ポコ「あいつ弱虫にゃん...」

A07I5647

桜餅「ハラハラ...」

a07i5648

栗丸「僕のカッコイイとこ、上手く撮れてる?」

A07I5658

キジ「そろそろ止みそうね...」

この激しい雷雨はほどなくして止み
その後4匹は普通の生活に戻りました。

それにしても桜餅の臆病なこと。
もし人間に拾われずお外暮らしだったら
どうなってしまっていたのでしょうか(笑)

 

 

【 動 画 】

雷鳴に怯える桜餅
(フルバージョン)